初め3つ叱ったら、最後に1つ褒める。

子どもが学ぶということ、

それは未来を夢見ての挑戦です。

明日を信じられない今日では、

勉強などしません。

親が厳しくても明日が夢見られる今日であれば

大丈夫なのです。

スポンサーリンク

親が子どもを心配するあまり、

頑張ったらこれこれとご褒美を提示したり、

子どもの言うことをすべて聞き入れたのでは、

子どもは頑張りがいを失くしてしまいます。

初め3つ叱ったら、最後に1つ褒める。

そんな親と子どもの駆け引きは大事です。

スポンサーリンク