勉強した結果をすぐ出せるようにするには脳を鍛える。

勉強した様々な内容は、

言語として左脳の領域に記録されながら、

記録したときのイメージや感情、音と一緒に右脳の領域に、

たくさんの記憶がネットワークして残されます。

スポンサーリンク

(これを潜在意識という。)

この記憶を引き出すのが『ひらめき』です。

要するに、勉強しながら右脳を活性化させる(鍛える)と

『ひらめき』がたくさん出るようになります。

右脳を鍛えましょう。①音読をする。

(目、口、耳を使って脳を鍛える。)

②頭の中で覚える。(暗記する。)

③目を閉じて勉強したことを思い出す。

2年生で九九の暗唱をするのはそのためです。

記憶力や集中力も自然に付いてきます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする