運動会、自分の学校だけやらないなんて言いたくても言えないんですよ。

運動会はなんのため?だれのため?
妹尾昌俊 | 教育研究家、学校業務改善アドバイザー、中教審委員(第9期)
5/31(金) 13:05

途中から引用しました。

運動会の開催は、マストではない
 運動会はなんため、だれのためか。小学校の学習指導要領(H29告示)を読んでみよう。なにも指導要領を金科玉条にする必要はないが、大事な拠り所のひとつではあるはずだ。

 ところが、なんと、指導要領には一言も「運動会」という言葉は出てこない。この事実を教職員は知っているだろうか?

 正確に言うと、特別活動の学校行事のひとつとして、「健康安全・体育的行事」という記述はある。この体育的行事のひとつの例として、運動会はある。(指導要領の本体ではなく、解説には運動会との文言は出てくる。)

 極端な話をすると、「うちは運動会はしません」という学校があってもよいわけである。健康安全・体育的行事を全くなくしてしまうのは指導要領上も問題があるかもしれないが、そんな学校はほとんどないと思う。

 ぼくが言いたいことは、「働き方改革の一環で、運動会なんてやめてしまえ」ということではない。運動会には教育的意義や効果もあると思うし、保護者目線からしても楽しみだ。だが、「マスト(Must)ではないわけだし、保護者のためのものでもないのだから、もっと柔軟にプログラム内容や準備の負担を見直していきましょうよ」ということを確認したい。

何のための寄稿なのでしょう。

スポンサーリンク

今年の運動会は悲惨でした。

熱中症と騒がれているのに、

子どもも親もテント無しの炎天下で、

1日中の活動でした。

やらなければいけないと思ってましたが、

強制力がないなら運動会なんかやめればいいんです。

あなたは、学校業務改善アドバイザー、中教審委員なのだから

「もう昭和でもないのだから、

「運動会はなんのため?だれのため?」

という原点に立ち戻って問いなおし、

令和時代にふさわしい、運動会のあり方を考えるときだ。」

なんていう問いかけでなく、

意見をきちんと述べて欲しいです。

あなたは、教育研究家と名のっているのだから、

自分の学校だけ運動会をしませんなんて

言えないことは知っているでしょうに。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする