親の子どもに対するしつけを悪としか見ない社会にはうんざりです。

いけないことの許容範囲がとても曖昧で拡大しています。

これでは子ども達に自信を付けさせることはできません。

なぜなら、毎日目指すゴールが移動しているからです。

だから、今日良かったことが明日は悪くなり、

今日悪かったことが明日は良くなっているのです。

これは、日本の教育を根幹から崩された結果です。

じゃどうすればよいか。親だからこそ、

スポンサーリンク

子どもに正しい生き方を信念に基づいて行うべきです。

世間は自分の子どもを守ってくれませんよ。

その場しのぎの同情はあっても将来を見据えてアドバイスなどありません。

子どもを守るのは、親しかいないのです。

それなのに、親が子どもを叱ってもパワハラだといい、

親の子どもに対するしつけを悪としか見ない社会にはうんざりです。

真面目は親は惑わされないで子育てをして欲しいです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする