成績UPに重要な役割を果たす「ひらめき」を鍛えよう。

「うーん、これどうするんだろう?」

子どもがつぶやきながら考えてます。


そのとき、

「あっ、そうだ。こうすればいいんだ!」


と手をたたいて、


鉛筆を動かして書き出します。

スポンサーリンク



これが、『ひらめき』です。


『ひらめき』は、人間が活かすべき新しい能力です。

『ひらめき』は、


いちいち私達が考えて、


意識的にやる作業ではなく、


脳自身が自分で情報をまとめて


いろいろなニューロン・ネットワークを結合し


「はっと思いつく。」ような能力です。

『ひらめき』は、


勉強力を伸ばすのに有効です。


わかりやすく言えば、


成績UPに重要な役割を果たすのです。

勉強した様々な内容は、


言語として左脳の領域に記録されながら、


記録したときのイメージや感情、


音と一緒に右脳の領域に、


たくさんの記憶がネットワークして残されます。


(これを潜在意識という。)


この記憶を引き出すのが『ひらめき』です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする