音読で大切なのは、「声」を出すことです。 

①声をしっかり出すことで、

脳がよく働きます。脳を働かせるから、

かしこくなれるのです。

②姿勢が悪いと、声が出なくなります。

スポンサーリンク


キチンとした姿勢をすると、

気持ちも締まり声もでるようになります。

③声が出ない理由の一つに、自信がないことがあげられます。

自信をもたせるためには、

読む回数の目標を持たせ、読んだ回数をメモすると、

達成感が生まれます。

④音読は、自分のためだけに行うのではありません。

聞く人を意識させることで、

張りのある声を引き出すことができます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする