バドミントン アジア選手権2020(団体戦)、山口 茜選手最高の逆転勝利です。おめでとうございます!

TV ラジオ 運用 バドミントン

女子が優勝しました。おめでとうございます。

 

 

 

第1試合で山口 茜選手は、とてもとても頑張りました。

 

 

 

もう心が張り裂けそうな喜びです。

 

 

 

日本団体としては、初戦であり後に続く選手には大きな力になります。

 

 

 

アンセヨン選手はスペインのマリン選手を退ける強豪です。

 

 

 

セット数1対1で迎えたファイナルセット、16(山口)対20となった時は、

 

 

 

・・・・そこから山口 茜選手の底力が発揮されました。

 

 

 

もう体が震えるほどの感動です。

 

 

 

山口 茜選手最高の逆転勝利です。おめでとうございます!

スポンサーリンク

 

 

 

バドミントン アジア選手権2020(団体戦) 女子決勝
日本 vs. 韓国
開催日:2020年2月16日(現地)
開催地:マニラ, フィリピン

2年に1度のバドミントンのアジア国別対抗戦が開幕!
2月11日〜16日にフィリピン・マニラで開催される今大会決勝で、

第1試合

山口 茜
(再春館製薬所)
2
21-18
19-21
23-21
1
AN Se Young
(韓国)

 

第2試合

福島 由紀
(アメリカンベイプ岐阜)
廣田 彩花
(アメリカンベイプ岐阜)
2
21-16
21-16
0
LEE Seo Hee
(韓国)
SHIN Seung Chan
(韓国)

 

第3試合

髙橋 沙也加
(日本ユニシス)
2
21-16
21-12
0
SUNG Ji Hyun
(韓国)

第1試合では、山口選手が韓国期待の若手と序盤から接戦を繰り広げた。
最終ゲームでは、先にマッチポイントを握られながらも、粘り強いラリーで逆転し、貴重な勝ち星をあげた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました