二重国籍問題を解決するには、すべての外国人(特別永住者を含む)に指紋採取と顔写真撮影を義務付ける。

二重国籍問題が解決しないのは、ここにあります。

 

 

 

それは、

 

 

 

「16歳未満や特別永住者、外交関係者などを除く来日および在日外国人から指紋採取と顔写真撮影を義務付ける新しい入国審査制度」(2007年11月20日から開始)にあります。

 

 

 

これを廃止して、すべての外国人(特別永住者を含む)に適用させるべきだと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

  法務省は、16歳未満や特別永住者、外交関係者などを除く来日および在日外国人から指紋採取と顔写真撮影を義務付ける新しい入国審査制度[PDF92KB] を2007年11月20日から全国の空港と港で開 始しました。
これは、テロや不法入国防止を目的に、2006年5月17日に国会で可決され、5月24日に公布された改正「出入国管理及び難民認定法」に基づく制度で す。入国時に一律に指紋を採取するのは2004年に米国が導入して以来、日本が世界で2番目です。
指紋の採取と顔写真の撮影後、その場で法務省入国管理局が保有する国際指名手配犯や日本からの過去の強制退去者などのリストと照合し、一致した者は入国拒 否され、提供拒否も国外退去となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました