すべては年金の減額につなげるためだった。

共働きのカギは男性 家事育児、ノルマは現状の2倍
9/22(土) 7:47配信 NIKKEI STYLE

 今月のマネーハック、テーマは「共働き」です。実は共働きのあり方を夫婦がしっかり考えることはマネープランの大きな改善につながります。前回も述べましたが、正社員で共働きすれば生涯賃金4億円以上も難しくありません。場合によっては夫婦で5億円以上を稼げることもあります。そのカギを握っているのは女性ではなく、むしろ男性です。男性の日常生活そのものが共働きを続けるポイントになります。

 

 

今度は男性たたきですか。勝手に年金を減らし、

 

 

 

女性の社会進出を促すために、

 

 

 

共働きを推奨した政府の施策は間違いです。

 

 

 

なぜなら、日本の風習を根底から変えるならまだしも、

 

 

 

女性の社会進出・家庭生活の困窮・少子化・労働時間の延長・休日の増加などなど、

スポンサーリンク

 

 

 

小出しに国民に知らしめています。

 

 

 

根本は何なんかわかりませんね。

 

 

 

共働きという言葉で耳が心地よいし、

 

 

 

女性の社会進出といえば多くの国民の賛同を得ると思ってでしょう。

 

 

 

老後の生活が成り立たない年金の減額をされて、

 

 

 

生きていくためには定年などなく死ぬまで働かなければならない。

 

 

 

男性だけでなく、女性も働かなければ生きていけません。

 

 

 

子どもを増やせと言って、

 

 

 

社会の目を別の方向に向ける手は最高の騙しでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました