高等教育の無償化への道は、日本国民の勤勉意欲を減退させるよね。

日記

高等教育の無償化は愚かな行政の判断です。

 

 

 

なぜ無償化を?

 

 

 

高等教育の修学支援新制度

 文部科学省では、しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、令和2年4月から高等教育の修学支援新制度を実施します。

 

 

 

 

かに
かに

等しく平等にと日本国憲法には書いてありますが,その他に義務もあることを忘れてますね。

 

 

 

ポッポさん
ポッポさん

この盲目的な発車は日本を共産主義に導くのでしょうか。怖いです。

 

 

家庭の経済状況に関わらず・・・・ここから家庭教育の崩壊が始まりました。

スポンサーリンク

 

 

 

ちょきちょきさん
ちょきちょきさん

努力をしないものは等しくなって欲しくない。がんばるところに手助け、公助が与えられると思います。

 

 

 

 

 

 

子どもの自立への足かせと親の子育ての責任回避が行われたのです。

 

 

 

子どもは家庭の経済状況を毎日見て育ち、自分の将来を考えるものです。

 

 

 

親の援助が受けられないと思えばこそ、自ら進んで学び良い働き口を探すのです。

 

 

 

そのために、日本が古来から働きながら夜間で学ぶ、

 

 

 

定時制高校や夜間大学が存在していました。合わせて通信制もその一つです。

 

 

 

ところが今やこのような高等教育機関は弱体化されてます。

 

 

 

働きながら安い金額で学ぶことができた教育機関をなぜ弱体化させてのでしょう。

 

 

 

そして、高等教育の無償化へと進んだんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました