家庭教育の崩壊です。

今の日本は大変危惧する状態である。

 

 

木箱に子どもを入れて死なせる。

 

 

子どもを死なせる、いや殺すといった方が事実を

 

 

正確に伝えているのかも知れない。

 

 

あってはいけないことである。

 

スポンサーリンク


 

 

これは教育の壊滅、特に家庭教育の崩壊に他ならない。

 

 

人間は、生まれながらにして家庭教育で育ち、

 

 

大きくなるにつれ、家庭教育から地域社会(地域集団)で育ち、

 

 

小学校に入る。学校教育で育ち、

 

 

会社に入って育つ。(社会教育)

スポンサーリンク

 

 

これらの一連の教育を生涯学習というのが日本のすばらしい教育である。

 

 

その大事な基礎を作るべく、家庭教育が壊れている。

 

 

学校教育にばかり目がいき、何でもかんでも学校に

 

 

 

押しつけてきたつけがこれを招いている。

 

 

今からでも遅くない。

 

 

家庭で育てる内容を親が引き取り、育てるべきである。

 

 

「子どもは地域が育てる。」こんな愚かな妄想を抱くからいけないのである。

 

 

子どもは、親が家庭で育て・しつけ、それから地域集団、

 

 

 

学校集団へと送り出し、大きな成長を願うべきである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました