人手不足騒ぎは、騙しではないかと疑います。

2018年度の「人手不足」関連倒産が過去最多の400件、「求人難」型が2.6倍に急増
4/5(金) 14:30配信 東京商工リサーチ

 2018年度(2018年4月-2019年3月)の「人手不足」関連倒産は400件(前年度比28.6%増、前年度311件)に達した。年度ベースでは、2013年度に調査を開始以来、これまで最多だった2015年度(345件)を上回り、最多件数を塗り替えた。

 2018年度の「人手不足」関連倒産400件の内訳は、代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退などによる「後継者難」型が269件(前年度比7.6%増、前年度250件)が最多。
 次いで、人手確保が困難で事業継続に支障が生じた「求人難」型が76件(同162.0%増、同29件)、賃金等の人件費のコストアップから収益が悪化した「人件費高騰」型が30件(同114.2%増、同14件)、中核社員の独立、転職などで事業継続に支障が生じた「従業員退職」型が25件(同38.8%増、同18件)だった。事業承継が重要課題になるなか、「後継者難」型が全体の6割(構成比67.2%)を超え、さらに「求人難」型や「人件費高騰」型が押し上げた。

スポンサーリンク

人手不足という虚偽的なことは書かないで欲しい。

経営者の都合で好き勝手を言っているようです。

例えば、24時間運営のコンビニの店員は

人手不足といいますが、

60歳過ぎて、コンビニの店員に採用されることはありません。

募集もありません。

この人手不足騒ぎは、

賃金も決して安くない外国人の留学生を雇わせるための

騙しではないかと疑います。

スポンサーリンク