アメリカの行った日本人の強制収容所への強制送りは許せるのか?

日記

 

今更ですか、この問題は重大なはずなのに、

 

 

 

日本人は関心を示さないところに問題があります。

 

 

 

アメリカを批判しているのではありません。

 

 

 

その事実を知らないふりをする日本人に問題があるのです。

 

 

 

記事は間違っています。

 

 

 

当時は日系人ではありません、日本人ですよ。

 

 

 

日本人の財産も奪い取って、強制労働に強制移住させたアメリカは、

スポンサーリンク

 

 

 

ドイツの行ったユダヤ人の強制収容所送りと似ています。

 

 

 

これを非難できない日本は敗戦国だからですね。

 

 

 

このことはきちんと日本国民に歴史教育するべきです。

 

 

 

第2次大戦中の日系人強制収容、カリフォルニア州が公式謝罪決議採択へCNN.co.jp

 (CNN) 第2次世界大戦中の1942年2月19日、当時のルーズベルト米大統領は、国家の安全を脅かすとみなした人物を指定軍事区域から立ち退かせる権限を陸軍省に与えた。

 以後の4年間で10万人以上の日系人(大部分は米国籍の保有者)が自宅から強制的に退去させられ、全米の強制収容所に送られた。それからおよそ80年。米国史上、最大規模の強制立ち退きにかかわったカリフォルニア州が、日系米国人に公式謝罪することになった。

 謝罪の決議案は、カリフォルニア州議会で今週中に採択される見通し。「第2次世界大戦中に日系米国人の不当な排除、立ち退き、強制収容」を支持したこと、さらには「日系米国人の公民権と市民の自由を守ることができなかった」ことについて謝罪するとしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました