開催国の国民が、自国の選手を応援するのは当たり前ですよね。

ジャカルタで行われている

「アジア大会・バドミントン」で感じたことは、

地元の応援がすごいということです。

スポンサーリンク


自国民に対してです。

国の代表として

国旗を背負って参加している選手に大声援を送り、

スポンサーリンク

選手もそれに答えるが如く、

活躍をしていました。

へんな理屈をつけては、

世界のみんなが活躍できるようにと考えている日本とは、

全く違いますね。

スポンサーリンク