7/3「シネマ 銀幕の夜」での映画「マザー」の取り上げ方に違和感を持ちました。(独りよがりですいません。)

TV ラジオ 運用 バドミントン

今日7/3の「シネマ 銀幕の夜」は、ちょっと違った気持ちを持ちました。

 

 

 

それは、番組内で紹介され「マザー」という映画が受け入れられないからです。

 

 

 

(ちょっと偏見かもしれません。すいません。)

 

 

 

番組の中で「ちょっと考えさせられる―って言ってました。」が、何をですか?

 

 

 

まっとうに生きるということは、何があっても親は子どもの育成に全力を尽くすべきです。

 

 

 

シングルマザーが生活保護を得ている家庭が

 

 

 

大変だというストーリーが受け入れられない。

 

 

 

大森監督の意図は何なのか?

 

 

 

番組の中で誰が悪いのかと問いかけていますが、

 

 

 

自己責任という見方が全くありません。

 

 

 

愛の喜びを知らなければ、祖父母の殺害に走ってよいという

 

 

 

論理時かたが間違いです。

 

 

 

親とは何かと冒頭に話されていましたが、子どもをまっとうに育て上げることでしょ。

スポンサーリンク

 

 

 

子どもは親が生きていくための金づるではありません。プンプン

 

 

 

そのために、両親(りょうおや)だろうが片親(差別と言え割れますね。m(_ _)m言い直します。)

 

 

 

シングルであろうと自己犠牲の上に、子育て優先があるべきなのです。

 

 

 

かに
かに

結婚観や家庭教育、子育て教育の根本を無視してきた結果です。自分一人が良ければよいというのは、個性尊重ではありません。

 

 

 

ちなみに、日本では年金受給者より、シングルの生活保護の方がとても裕福な生活保護を受けてい

るのですよ。

 

 

 

ポッポさん
ポッポさん

シングル生活保護者に対する受給金額は多いし、医療費無料・NHK無料・賃貸住居補助あり、その他税金補助などたくさんあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました