当然の結果ですよ。

訪日客激増で暮らし圧迫、バスも乗れない 「観光公害」置き去りの参院選
7/16(火) 14:00配信 京都新聞

 お座敷に向かう舞妓さんの袖をつかまえる。宴席に出かける 車まで囲んで写真を撮る―。京都市東山区の花街・祇園町南側で近年、一部訪日客の乱暴な振る舞いが地元住民を悩ませている。一帯は花見小路通沿いにお茶屋など京都らしい建物が建ち並び、入洛する訪日客の約半数が訪れる人気スポットだ。しかし、私有地に無断侵入した撮影や伝統的な建造物の破損も相次ぎ、今や観光公害の象徴的な場所でもある。
「ここは常連のお客さんをもてなし、ほっこりしてもらう場で、観光のまちではない。舞妓さんはテーマパークのマスコットではないのに」。祇園町南側地区協議会幹事の太田磯一さん(56)はため息をつく。

スポンサーリンク

外国からの観光客のために、

様々な面で日本人を袖にしたつけです。

当然の結果ですよ。

スポンサーリンク