8月15日の政府の式典は止めるべきです。もう十分やったし(75回)、今の状態では子ども達を委縮させているだけです。太平洋戦争にかかわるすべての外交文章類を公開せよ。🙏🙏日本を非難する国には、太刀打ちできません。

日記

8月15日は、政府主催の式典が毎年行われていますが、

 

 

 

意味がないと思います。(誰のための式典?止めるべきです。)

 

 

 

不戦の誓いを世界に発信しているのでしょうが、

 

 

 

もうそんな悠著なことをやり続けているから

 

 

 

日本という国が世界や国内の一部からなめられているのです。

 

 

 

もし、不戦の誓いを大切だと思うなら、

 

 

 

8月15日は終戦ではなく、敗戦の日だから

 

 

 

2度と戦争をしないためにはどうするべきかを

 

 

 

 

日本人すべてが思考するべきです。

 

 

 

 

かに
かに

小学校と中学校の義務教育で、日本が戦争を行った事実(理由・原因・結果)をきちんと教えていないから、世界で意見も言えないんです。😁😀😣

 

 

ポッポさん
ポッポさん

見切り発車ではいけません。しっかりと日本の歴史を子ども達に教育するべき。🙏🙏🙏

 

 

 

 

(義務教育で、近代の歴史を最初に教えるべきです。

 

 

 

そして、日本国の行った戦争やその理由、その後の活動を中心に、

 

 

 

日本人の子ども達に教育するべきなんです。

 

 

 

今は最後の学期にやるので、時間切れで端折ることが多いです。)

 

 

 

陳謝の意思表示はもう済みました。

 

 

 

ちょきちょきさん
ちょきちょきさん

教育を受けていない、事実をきちんと知らないから、謝りの式典を見せられると、日本は悪いことをしたからと、小さくなっているのが今の子ども達です。悪いことは悪い、でもなぜそうなったかを歴史として教えることは大切です。🙏🙏🙏👍👍👌

 

 

 

というよりも、サンフランシスコ講和条約で次の一歩を踏み出したのですよ。

 

 

 

Webから引用

 

 

 

今残っているのは、北朝鮮との講和条約だけなのです。

 

 

 

『世界史の窓 第16章2節 ア.朝鮮戦争と冷戦体制の成立』から引用

スポンサーリンク

「1951年9月、サンフランシスコ講和会議で締結された第二次世界大戦での西側諸国と日本の講和条約であり、日本に対する占領の終結と主権回復を認めた。1952年、4月28日に発効した。」

〇主な内容

戦争状態の終結、日本の主権の回復:日本は個別的および集団的自衛権をもち集団的安全保障条約に参加できること。
領土の規定:日本は朝鮮の独立を承認、台湾・澎湖諸島、南樺太・千島列島を放棄する。琉球諸島と小笠原諸島はアメリカの統治下に置かれた。
賠償:外国為替上の負担を日本にかけない、とされ事実上無賠償となった。

〇意義

日本が主権を回復するとともに冷戦の中で西側陣営に組み込まれるサンフランシスコ体制が成立した。中国、ソ連との国交回復はなされず、北方領土問題を含めてこれ以後の大きな問題の発端となった。また同時に締結された日米安全保障条約によってアメリカとの同盟関係が成立し、米軍の駐留が恒常化された。

〇問題点

サンフランシスコ講和会議、およびサンフランシスコ平和条約条約の問題点は次の通りである。
日本の最初の交戦国である中国が、中華民国・中華人民共和国のいずれの代表も会議に招聘されず日中間の講和は後回しとなった。(アメリカは中華民国=台湾のみを代表と認めたが、ソ連とイギリスは中華人民共和国を承認していたので、どちらを招聘するかで意見が対立し、トルーマンは結局そのいずれをも招聘しなかった。)
ソ連は、会議には参加したが、条約には中国代表が参加していないこと、日本独立後もアメリカ軍が駐留することに反対して署名しなかった。そのため、日ソ国交回復もできなかった。
インド・ビルマという、いずれも日本と交戦したアジアの諸国が、中国の不参加を理由に会議に参加せず、条約にも署名しなかった。

〇中国・インド・ビルマ・ソ連などとの国交回復

サンフランシスコ平和条約条約に加わらなかった諸国との国交回復(平和条約締結)は次のように行われた。
中華民国(台湾)=国民党政権とは1952年4月、日華平和条約を、インドとの間では1952年6月、日印平和条約を、ビルマとの間では54年11月、日本ビルマ平和条約をそれぞれ締結し、いずれも賠償請求権は放棄された。
中華人民共和国=中国共産党政権とは依然として国交を持たなかったが、70年代に入り政府が方針を転換、1972年に日中国交を回復し、日華平和条約は破棄された。なお、1978年には日中平和友好条約が締結された。
ソ連との間は、1956年に日ソ共同宣言が出されて国交を回復したが、平和条約は締結されていない。
なお、大韓民国とは1965年、日韓基本条約を締結し国交関係を樹立したが、日本は韓国を「朝鮮半島における唯一の合法的な政府」と認定し、北朝鮮を無視する姿勢をとっているため、北朝鮮とは国交関係は成立していない(つまりこの部分では戦争は終わっていない)。

 

 

 

今やっているもの言わず謝り続けるのではなく、

 

 

 

世界に貢献する立場へと大きく舵を軌っていきましょうよ。(お金を配ることではなく。)

 

 

追記

 

 

日本政府が保管している、太平洋戦争にかかわるすべての資料を、

 

 

国民に公開するべきです。

 

 

資料請求ではなく、誰でもが自由に見ることができる状態で。

 

 

外交文章だからと秘密にしていることで、

 

 

今日本国民はたくさんの不利を得ているのですよ。

 

 

 

(追記)

 

 

戦後の各国との条約・取り決め、秘密に保管することが限界です。

 

 

日本は世界からどう見られているかわかりますか。

 

 

各国の嘘・でっち上げで、日本人は卑怯な国民として下げすまされる事態になっています。

 

 

各国との約束を日本国民に公開してください。

 

 

そうしないと日本を非難する国には、太刀打ちできません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました