ペナンの薬局で抗生物質が自由に買えなくなった。

抗生物質antibioticsが買えない。  

ペナンでは、いつでも自由に買えていた抗生物質antibioticsが

買えなくなりました。

スポンサーリンク


「医者の抗生物質の処方箋Doctor’s prescription for antibiotics」

がありますか?と聞かれましたが、

そんなものはないですよ。

そして、「処方箋がないと売ることはできません。」

と言われても、

いつから変わったんですか?と聞いても仕方がないこと。

ペナンでは、無いものは無い、

売れないものは売らないということがはっきりしたますので。

スポンサーリンク

マレーシアでは、今まで薬は薬坊や薬行でなんでも買えました。

日本から持ってきた抗生物質でも、別会社のものでも同じ成分のものが買えました。

ローカルの人も医者に行くことは稀で、

具合が悪くなると、前に飲んだ薬(抗生物質)を

薬坊や薬業で買って飲むことがほとんどでした。

これからは、医者に行かないと

薬が買えないということになってお金もかかるし、

とても不便です。

マレーシアのガバメントGovernmentの決定みたいなので、

仕方ないですね。

アメリカの可愛い娘たち。

スポンサーリンク




コメント

  1. Harry より:

    昨日Georgetown薬局で買えました。但し、私は抗生物質とステロイド入り軟膏でしたが。やがてはこれらもダメになるんでしょうか。不便ですね。Harry.

    • Kakureo28 より:

      Harryさん、コメントをありがとうございます。
      塗り薬が買えてよかったですね。

      最近、薬坊の閉店が目に付きます。
      政権が変わりましたから、
      昔のゆるいペナンに戻って欲しいです。
      だって、昨日行った Queensbay Mallで見た時給RM4.50に驚きました。
      まだまだ、ローカルの賃金は低いです。