新型コロナウィルスの日本の対応は、突然すぎるという批判はあったけれど、正しかったですね。

9年目のペナン

新型コロナウィルスの日本の対応は正しかったね  

 

 

 

2月27日、安倍首相は「来週3月2日から春休みまで臨時休業(休校)を行うよう要請します」と発表しました。

 

 

 

安倍首相が発表した一斉休校の要請は、

 

 

 

安倍首相による突然の「政治判断」だったといわれていますが、

 

スポンサーリンク

 

 

 

これは正しかったですね。😎 😎 🤗

 

 

 

ちょこちゃん
ちょこちゃん

マレーシア🇲🇾と比べてみて思います。マレーシアが駄目だったということではありませんよ。その状況において、トップが責任をもって国民に発することの大事さを言っているのです。マレーシアもそれを3月16日に行いました。👨‍👨‍👦‍👦👩‍👩‍👧

 

 

 

 

りす
りす
このトップダウンこそ、今の日本🇯🇵🗾に必要なことでした。準備ができていないからと批判の嵐でしたが、今の世界情勢を見てよ。世界中🌏が学校の休業を打ち出しています。日本に遅れること2週間。😤 😤 😤

 

 

 

 

さゆりちゃん
さゆりちゃん
政府を信じて日本🗾を守ろうっていう気構えが、試されたように思います。家族みんなで、子どもを守ろうという心構えも希薄な感じも見られました。家庭教育の劣化ですね。😉 🤔 😎

 

 

 

 

そして、3月23日からは閉鎖されていた施設が徐々に開かれ、

 

 

 

4月からは学校も通常の開始をするという報道に、

 

 

 

さすが日本🗾の判断は正解だっと思うようになりました。(ちょっと堅い話ですみません。m(. .)m)

 

 

 

マレーシア🇲🇾は、3月18日から「活動制限令」によって、全ての学校や企業(例外はあります)が閉鎖されました。(3月16日に発表)

 

 

 

日本🗾🇯🇵のように政府の指示に従わない学校はありません。

 

 

 

むしろ、マレーシア政府の命令は、日本よりもずっと広い範囲で重い🏋ものでした。

 

 

 

それでもCOVID-19(新型コロナウィルス)に罹患した人は📈増えました。

 

 

 

 

 

 

もし、「活動制限令」を出さなかったらもっと増えたでしょうね。

 

 

 

マレーシア🇲🇾は、3月31日時点でどの方向に進むかは全く分かりません。

 

 

 

不安ですが、マレーシア政府の指示を守って

 

 

 

COVID-19が一日も早く治まるのを祈るだけです。🙏🙏🙏

スポンサーリンク

 

 

 

しかし、日本🗾で子供たちのことを考えたら、

 

 

 

きちんと政府の指示を守るべきだと思うのですが。💨💨

 

 

 

出歩く🚳🚷ことなく自宅で時間🕧を過ごすことが、

 

 

 

全国🗾学校一斉休業の目的だと思います。

 

 

 

それなのに、親は仕事を休めないとか🙅子供を一人にしておけないからとか・・、

 

 

 

当然家庭で考えるべきことが、そのまま社会に投げ出されました。

 

 

 

子育ての原点👪に戻りませんか、『子供は親が守り、家族で育てる』。👨‍👨‍👧‍👧

 

 

 

政府が打ち出し発表した一斉休校の要請は、

 

 

 

日本の家庭教育の原点をみせるためでもありました。

 

 

 

 

「新型コロナウイルス感染症予防のための小学校の臨時休業中(令和2年3月24日まで)は、保護者の方がお子さんを見守ることができないご家庭を対象として、月曜日から金曜日までの間、各小学校で午前8時45分から午後2時まで預かりを実施してます。」

「ずっと家にこもっていられるのは1週間が限界だと思う。1カ月以上は長い。低学年の子のお母さんは、仕事に行けない。」

「小学2年の長男を日中ずっと、一人で過ごさせるのは難しいのに。仕事を休めるよう調整したり、都内に住む両親に頼んだりするしかない」

「基本的に自宅で過ごすよう指導をお願いしています。と言いながら、文部科学省は世間が騒ぐと次のように後退しました。→児童生徒の健康維持のために屋外で適度な運動をしたり散歩をしたりすること等について妨げるものではなく、感染リスクを極力減らしながら適切な行動をとっていただくことが重要であると考えています。」

 

 

 

 

追伸です。(3/22)

 

 

 

在マレーシア日本国大使館からのメールです。

 

 

 

【緊急】【新型コロナウイルス】帰国する家族を空港に送る際の留意事項について

●行動制限令下において,帰国する家族を空港へ送るための移動時に,「自称」警察官に停車を求められ,罰金と称して現金を要求される事案が発生しております。

●当館は,警察当局から,現状,帰国する家族を送るために州をまたいで空港へ移動するにあたり,警察の許可は不要との説明を受けています。

●しかしながら,空港への見送りのほか,州をまたぐ移動に際しては,あらかじめ最寄りの警察署(Balai Polis)に相談の上,アドバイスを受けることを強くおすすめします。

●また,空港への見送りに限らず,正当な理由のある外出においても,外出する(車両を利用する際は,乗車する)人数は,その必要性について説明可能な最低限の人数にしてください。

●警察官が,罰金を現場で要求し,受領することはありません。もしこのような事態に遭遇した場合は,警察官の氏名,所属を確認するとともに,罰金を徴収する根拠となる書面,または領収証の交付を求めてください。

 

 アメリカの可愛い娘たち。

コメント

タイトルとURLをコピーしました