ペナンは空色が薄暗く☔小雨が続いています。日本の「緊急事態宣言」の全面解除をうらやんでいるのかも。🌂これからマレーシアに入国する者全員が、入国の際に必要なものについて。

9年目のペナン

Japanは緊急事態宣言を全面解除しましたが、マレーシアは?   

 

 

 

全面解除はまだでしょ。特に急ぐことでもないし、

 

 

 

MCO「活動制限令」が終わる6月9日まで続くのです。

 

 

 

今ペナンで生活をしていることで、困るのは🏋🏃🏊スポーツジムSports Jymが開かれないことです。🙇🙇🙇

 

スポンサーリンク

 

 

 

そんな私の気持ちを知ってか、今日のペナンは小雨模様☔で朝からお空の色は薄黒いです。笑 😂 😌

 

 

 

 

 

 

りす
りす
早くスポーツジムで、ストロング、TRX、ズンバ、ヨガをやりたーい。体が重くなってます。😫😖😬

 

 

 

ペナンの人達の真面目さを垣間見ました。

 

 

 

さゆりちゃん
さゆりちゃん
ペナンに来た頃は、急な割込みを平気でやる人が多かったのよね。🤮🤢😷

 

 

 

ソーシャルディスタンシングSocial Distancing「社会的な距離を取る」をきちんと守っています。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ちょこちゃん
ちょこちゃん
教えるってことが大事なのね。あの頃は社会的ルールを知らなかったのよ。きっと。🤗🤗

 

 

 

(過去を思い出して呟くと、今後も続けてくれるといいですが。)

 

 

 

5/25現在のマレーシアの新型コロナウィルス感染者数です。😷

 

 

 

 

 

 

 

追伸です。

 

 

 

マレーシアのイスマイル・サブリ上級大臣兼国防大臣の記者会見において入国の際に必要なものについての発言がありました。

 

 

 

在マレーシア日本国大使館からのメールです。

6月1日以降のマレーシア入国時に必要な手続(2020年5月25日)
2020/05/25 23:55

・5月20日及び25日のイスマイル・サブリ上級大臣兼国防大臣の記者会見において,6月1日以降,マレーシアに入国する者全員(マレーシア人と外国人の双方を含みます。)について,入国の際に必要なものについての発言がありました。

・詳細はこちら【 https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_25052020.html 】を御確認ください。

【〇到着後の14日間の強制隔離の宿泊費用(下記参照)の支払いに関する約定書(Letter of Undertaking and Indemnity,LoU):

以下のマレーシア政府のホームページから約定書のフォームをダウンロードし,必要事項を記入したものをスキャンして,出発日の3日前までに電子メールで提出してください。提出先は,最寄りのマレーシア大使館,高等弁務官事務所,総領事館又は領事館です。こちらのページから各公館の連絡先を参照してください。
※ここでいう大使館は、在クアラルンプールの日本大使館ではなく、日本等海外にあるマレーシア政府の大使館です。間違いのないよう注意願います。

〇マレーシアへの帰国の承認状(Approval Letter)
約定書を提出後,帰国が承認されれば,提出先の公館からメールで送付されます。
※航空便への搭乗に必要となるとのことです。

マレーシア到着時に,約定書を印刷したもの及び帰国の承認状の写しを国家災害管理庁(NADMA)に提出してください。

〇到着後の14日間の強制隔離の宿泊費用の支払い
※支払いに同意しないにもかかわらず帰国しようとする者に対しては,感染症予防管理法(Act 342)に基づき、1,000リンギット以内の罰金若しくは6か月以内の禁錮又は両方等の法的措置が課される可能性があります。】

・なお,現在,外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出していますので,マレーシアへの渡航はどのような目的であれ止めてください。詳細は以下を御確認ください。

 

 アメリカの可愛い娘たち。

コメント

タイトルとURLをコピーしました