ペナンの月を見て、阿倍仲麻呂の和歌を思い出しました。日本へ帰国できない寂しさが表れたみたい。

10年目のペナン

 

 

ペナンでお昼の月を見つけました。   

 

 

 

「あらあら月が出てる。🌔」ってつぶやいちゃいました。🤞

 

 

 

写真の上真ん中。わかります?

 

 

 

コロナで工場が休んでいるので、🤹‍♀️🤹‍♂️空気がきれいになっているのかも。

 

スポンサーリンク

コロナで悪いことばかりじゃないじゃん。

 

 

 

 

 

 

りす
りす

先が読めずに海外で生活するのは、ストレスの素です。いやなんだよねぇー。🙅‍♀️🙅‍♂️

 

 

 

 

 

 

ちょこちゃん
ちょこちゃん

ペナンは好き。マレーシアも好きよ。生活も慣れているしね。

 

 

CRCの建物ですねー。

スポンサーリンク

 

 

 

さゆりちゃん
さゆりちゃん

できることは我慢せず、ペナンでやってます。いつまでできるかわからないからねー。🙆‍♂️🙆‍♀️

 

 

 

バドミントンコートの入り口。

 

 

 

月を見ていたら、阿倍仲麻呂のことを思い出しました。

 

 

 

みなさんも学校の歴史か短歌の学習で学んだでしょ。

 

 

 

Webから引用

阿倍仲麻呂の和歌
短 歌  「天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも」

意 味 (日本に戻れない寂しさを月にたとえたんだよと先生が言ってたなぁ。

「大空を見渡してみると美しい月が出ている。あの月は故郷の三笠の山に出ていた月とおなじものなのだなあ」

 阿倍 仲麻呂は奈良時代の遣唐留学生。

 唐で国家の試験に合格または推挙で登用され、唐朝において諸官を歴任して高官に登ったが、日本への帰国は叶えられることなく、宝亀元年(770年)1月に73歳の生涯を閉じた。

 

 

ペナンに居て、暗いことも頭を過ぎりますが、大丈夫大丈夫って言い聞かせています。笑

 

 

 

5/6のマレーシアの新規新型コロナウィルス感染者数3,551名です。(日本では4,359名)

 

 

 

 

 

 

ペナンは305名です。

 

 アメリカの可愛い娘たち。

コメント

タイトルとURLをコピーしました