ペナンのDIYの開店は、日本と同じでした。

7年目のペナン

 リビングの電気がチカチカするようになりました。   

 

 

 

交換Exchangeしなければと思い、

 

 

 

電球の大きさを調べました。

 

 

 

コンドCondominiumには、電球の交換をしてくれる

 

スポンサーリンク


 

便利屋さんがいますが、

 

 

 

ふつうの電球ならば私達でできます。

 

 

 

前にお願いした時は、

 

 

 

特殊な電球でお店で売ってなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、普通の電球なので、

 

 

 

買いに行きました。近くの”DIY”です。

 

 

 

そこで、意外なものを見ることができました。

 

 

 

(こんなことは、マレーシアのお店ではない

 

 

 

と思っていたので・・すみません。)

 

 

 

お店に着いたのは、10:50am。

 

 

 

数人のお客さんが、開店を待っていました。

 

 

 

開店前なので、シャッターShutterは閉まってました。

 

 

 

 

 

 

待つこと10数分、

スポンサーリンク

 

 

 

11:05amにシャッターShutterが上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の従業員が整列して、

 

 

 

お客さんを迎えていたのです。

 

 

 

「いらっしゃいませ。」と言いながら。(マレー語でしたが。笑)

 

 

 

いやぁ♪お客さんより、

 

 

 

従業員が優先な感じのペナンでしたが、

 

 

 

変わるもんですね。UNIQLOの従業員が、

 

 

 

お客さんに「いらっしゃいませ」

 

 

 

と声をかけていることが、

 

 

 

影響したのかもね。

 

 

 

日本人としては、良いことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に、新しい電球も買えて、

 

 

 

交換することができました。

 

 

 

“DIY”さんありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

メリカの可愛い娘たち。

コメント

タイトルとURLをコピーしました