さゆりさんが虹の橋を渡りました。

さゆりが虹の橋を渡りました。   

2月の末に、ペナンに戻ろうとしていましたが、

アメリカの娘に預けている愛犬

「さゆり」の様子を見に来てと言われ、

スポンサーリンク

渡米していました。

さゆりさんは、18歳8か月で

今朝、虹の橋を渡りました。

苦しまず、安らかな旅立ちでした。

覚悟はしていましたが、

獣医さんから「大変長生きされましたね。」と言われ、

涙が止まりません。

だけど、その瞬間に立ち会えたことを

心から喜んでいます。

みんなに抱っこされ、

別れの言葉も言えました。

スポンサーリンク

さゆりもえーん・えーんと小さな声で答えてくれました。

私達のペナン生活のために、

やむにやまれず「さゆり11歳」と「ちょこ2歳」のヨーキーを

渡米させました。

1年に1回、毎年会いに行っていましたが、

私達がペナンに戻っても、

玄関で何日も待っていたそうです。

娘がアメリカに家を買った家で、

少し生活ができたのが嬉しいです。

(アメリカ時間10日12:30PM)

さゆりちゃん、たくさんの思い出と

幸せをありがとうネ。

ペットロスなりすです。

  メリカの可愛い娘たち。

スポンサーリンク